家賃の支払いに困った大学生がアイフルで助けられた

 

お金がないときに消費者金融中のアイフルを知っておきましょう。特に大学生は他にも合っている人が多いですから、信頼のできる消費者金融の一つや二つは利用しておくことが、生きる上での重要なポイントだといえます。もちろん大学生の場合、アルバイトなので定期的な収入を得ていることが必要です。大学生の多くがアルバイトをしているでしょうから、諦めないでアイフルの申し込みをしてほしいと思います。

 

【1】自己紹介

 

私は22歳の男性大学生です。私は先日、家賃を滞納してしまいました。親からの仕送りがあったのですが、急に親が仕送りを送ってこなくなったのです。電話をかけてみると忘れていたようでした。夏の暑さ体調が悪くなり、入院をしていたそうでした。そんなことも知らないで、私はなぜ仕送りが来ないのかと不安に思っていました。家賃が3ヶ月滞納してしまい、支払う金額は15万円でした。私の手持ちのお金では支払うことができないので、消費者金融のアイフルで一時的にしのごうと思いました。

 

【2】大学生だったけど大丈夫

 

アイフルからお金を借りる際に一番のハードルが審査です。会社員や派遣社員の人なら問題なく審査を通ることができます。しかし大学生の場合だと収入があまりないため不安が残ります。私は家庭教師のアルバイトをしていたので、1ヶ月に7万円から10万円程度の収入がありました。これだけの収入でも、アイフルからお金を借りることができました。定期的な収入のある大学生なら、アイフルの申し込みをしてみましょう。もしかしたら通るかもしれません。

 

【3】返済もらく

 

私が借りたのは15万円でした。金利は約7%で、ほとんど問題にならない金額でした。無事に今では返すことができ、アパートを追い出されることもありませんでした。私はしっかりお金を返しましたので、両親に連絡が行くこともありません。私がお金を借りたことを、両親に開いてしまったら体調が悪い上、さらに心労をかけてしまいます。余計な連絡をしてこないプライベートを大事にするアイフルに、感謝の気持ちを伝えたいくらいです。

 

まとめ

 

これからもアイフルも利用したいです。大学生の中には親の仕送り頼っている人も多いことと思います。もちろん親の仕送りが私のように止まってしまうこともあるでしょう。そんなときには我慢しないでアイフルを思い出してください。アルバイトをしている大学生なら、お金を手軽に借りることができます。信頼できる消費者金融のアイフルなら大学生のピンチを救ってくれるでしょう。